‘スタッフBlog!’ カテゴリ TOP

人を助けて人間関係を良好にする

2013年05月15日

自分ではあんまり動いていないのに

 

周りの人を巻き込んで、自分の為に動かしてしまう人。

 

べつに頼まれてもいないのに、なぜか周りの人がその人の為に働いてしまう。

 

 

こんな人って周りにいたことありませんか?

 

なんとも得な人だなぁなんて感じるものです。

 

 

羨ましいという気持ちもあり、あぁいう風になりたいとも思いますよね。

 

 

よく言われるのは、甘えん坊の末っ子は周りの人が助けたくなる雰囲気を持っている。

 

生まれた時から甘やかされてちやほやされているので、

 

世話されることに慣れているので無意識のうちに周りの人を巻き込んでしまう。

 

 

こういう末っ子気質を持つ人は、天性の才能をもっていると思ってしまいますが

 

同じように『思わず助けたくなってしまう人』になることは出来ます。

 

 

誰でも『思わず助けたくなってしまう人』にはなれるんです。

 

それはいたって簡単でシンプルなことです。

 

 

『周りの人が助けたくなってしまう人』になるには

 

『周りの人をすすんで助ける人』になればいいんです。

 

ただそれだけのことです。

 

 

今まで自分中心で生きてきた人には、ちょっと難しいかもしれません。

 

ず~っと「自分さえよければいい」なんて考えてきた人。

 

他人を押しのけたり、蹴落としたりして、自分だけいいおもいができればいいという人。

 

そういう人たちには難しいことだとは思います。

 

 

もちろん下心丸出しで助けるっていうことも相手に嫌われるだけです。

 

すぐに自分の為に利用してやろうなんて下心を持つことなく人を助けることです。

 

 

『人を助ける』とは言っても、身構える必要はありません。

 

小さいことからでいいんです。

 

 

忙しくて残業ばっかりの同僚や上司に一言「手伝おうか?」

 

たくさんの荷物を持って大変そうな友達の荷物を少し持ってあげる

 

まずは、こういう小さい事から始めてみてください。

 

徐々に周りの人が助けてくれるようになっているはずです。



投稿記事のアーカイブ

  • 2016年3月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • ©2017 話し相手サービス「ほっこりさん」 All Rights Reserved.