4月, 2013年

人との考え方の違いを楽しみ人間関係を円滑にする方法

2013年04月28日

どんな話し相手であっても

 

「自分と同じ」と考える人は意外と多いもんです。

 

 

そのように考える人は自分の言ったことは

 

相手も同じように受け取るものと思い込んでしまいます。

 

 

違った受け取り方をする相手が現れようもんなら

 

その相手を

 

「どうかしている」

 

「ちゃんと受け取ってくれないと困る」

 

「そんなつもりで言ったんじゃない」

 

と非難してしまいます。

 

 

 

人間は一人一人違うのだから

 

相手は相手なりの受け取り方をするのは当然です。

 

 

自分が言ったとおりに受け取れと要求する自分の方が

 

『どうかしている』んです。

 

 

相手が考えていることを決めつけるということは

 

相手のことを縛ってしまう行為になりますが

 

なによりも自分の考えを縛りつけて動けなくしてしまいます。

 

 

一方向からの考え方に固執してしまうと

 

他の人を受け付けない雰囲気を醸しだし

 

孤立してしまう危険性をはらんでいます。

 

 

柔軟性のない考え方が体に染みついていると

 

何かしらのトラブルに見舞われた時に

 

パニックに陥りトラブルから逃れられない状況になりがちです。

 

 

自分と相手の考えが違うことで

 

ストレスを感じてしまう人は

 

「こういう感じ方をするんだ」

 

「そんな考え方もあるんだ」

 

・・・と、人と人の違いを楽しんでいただきたいですね。

 

 

 

あくまでも

 

自分は自分

 

相手は相手

 

全ての人が違う考え方を持っているからこそ

 

日本人のチームワークは強いんです。

 

 

 

考え方も能力も違うから

 

色んな視点で考えることができ

 

一人でするよりも大きな力を発揮することができるんです。

 

 

 

わざわざ自分の考えを歪曲して

 

相手の考え方に合わせる必要性はないんです。

 

 

自分の考え方に新しい知恵を与えてくれる相手に感謝し

 

考え方の違う相手に興味を持つことで

 

違いというものを楽しみましょう。

 

 

一つの考え方しかないから

 

その考えを選ぶのか

 

 

自分以外の様々な考えから

 

その考えを選ぶのかでは

 

 

同じ考えを選んだとしても

 

内容や深さといったものは全く違ってきます。

 

 

話し相手サービス・愚痴聞きサービス ほっこりさん



投稿記事のアーカイブ

  • 2016年3月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • ©2017 話し相手サービス「ほっこりさん」 All Rights Reserved.