快適に仕事をするために良好な人間関係を築く方法

2013年05月16日

人生は出会いの連続でできています。

 

今のあなたにとって大切な人、大好きな人、影響を受けた人

 

あなたを取り巻くすべての人には出会いがあり

 

よい関係を築く時間や行動があります。

 

 

そんな時間や行動を大事にするかどうかで、

 

その後の関係性が決まると言っても過言ではありません。

 

すべての出会った人に心を開き、いい人間関係を築いていきたいものです。

 

 

あなたにとって味方になってくれる人が増えれば、

 

人間関係が豊かになるだけでなく、役職や収入が上がり経済的に潤い

 

人生そのものが豊かになることでしょう。

 

 

仕事をしている人ならば、まずは上司や同僚、後輩との人間関係を大切にしましょう。

 

基本となる社内での関係がしっかりできていないと精神的に不安定になってしまい、

 

お客さまとの関係にも影響してしまいます。

 

 

真面目に仕事をこなし、それなりに実績も残しているにもかかわらず

 

いつまでたっても昇進・昇給しないという場合、

 

上司との関係性に問題があるのかもしれません。

 

最近では成果主義の会社も増えてきているのですが、

 

実態は上司の好き嫌いでの評価になってしまっていることは多いものです。

 

 

逆に言えば、実績があまりなくても上司に気に入られれば評価は高くなるんです。

 

『ゴマすり』がイヤだという気持ちは少なからずあると思いますので、

 

分からない訳ではありませんが、ビジネスマンとして割り切ることが大切です。

 

 

仕事ができる人は、その他大勢から抜け出すために上司に気に入られることが

 

得策だということを知っています。

 

真面目に仕事をこなし、実績を残した上で、身近な引き立て役である『上司』を

 

味方につける行為・行動を怠らないのですから他の人には勝ち目がなくなる訳です。

 

 

 

上司に取り入るコツはちょっとしたことでできたりします。

 

 

3つほど例をあげるとすると

 

『共感する』、『上司を否定しない』、『イヤなことを率先してする』

 

この3つを実践するだけで、上司からすると好ましい部下ということになります。

 

 

 

『共感する』というのは、

 

上司の考えに同調し上司と似た考えを持っているとアピールするのです。

 

初対面の人でも、同じ地方の出身だったり、同じ学校に行っていたり

 

共通点があると知った途端に親近感を覚えるといった経験はだれしもあると思います。

 

 

 

『上司を否定しない』というのは、

 

仕事に影響のない事ならば上司の言葉を否定しないということです。

 

世間話や雑談で話している時に、おかしなことを言っていても

 

わざわざ間違いを訂正するといったことをせずに流すことが得策です。

 

 

 

『イヤなことを率先してする』というのは、説明するまでもないかもしれないですね。

 

誰もが早く帰りたいと考えている金曜日の残業。

 

忙しそうにしている上司を見かけたら手伝わせてください』と声を掛けてみましょう。

 

 

自分や他人がイヤだと思う仕事があれば率先して行動するという癖をつけてしまいましょう。

 

やってみると意外とイヤじゃないことは多いものです。

 

 

率先して行動することが当たり前になってくると、イヤという先入観がなくなって

 

より仕事が楽しく感じるになります。

 

楽しい事をして、上司を含め周りの評価が高くなるなんていいことづくめですね。

 

 

 

仕事や上司について色々と書きましたが、

 

先程説明したことというのは、仕事だけで活かされるものではありません。

 

日常での人間関係を築き上げる時にも同じことがいえると思います。

 

自分を取り巻くすべての人に感謝をし、よりよい人間関係を築いていきたいものです。




©2017 話し相手サービス「ほっこりさん」 All Rights Reserved.